弁護士費用

弁護士費用

債権回収の経験・実績に基づいて、弁護士費用の明朗化
他の法律事務所と比較してリーズナブル・弁護士費用の適正化を徹底。

だから、依頼しやすく安心!

弁護士費用は、一般的には、事件規模や事件処理に要する時間・弁護士の労力などに応じて金額が設定されます。ところが、弁護士への依頼事件は、事案によって事件規模や事件処理に要する時間・弁護士の労力などが異なります。また、依頼を受ける法律事務所の規模や人員、主な取扱業務や弁護士の実績・経験によっても、これらは異なってきます。そのため、弁護士費用を一般化、定額化することは難しいという実情があります。多くの弁護士が、ご相談者様・ご依頼者様から、弁護士への依頼は費用が分かりづらい、不安であるとご指摘を受けているところでしょう。
当事務所では、皆様に安心してご依頼頂くため、債権回収問題について弁護士費用を整理、明朗化し、また、その価格を他の法律事務所と比較してリーズナブルに設定し、弁護士費用の適正化を実現しています。
債権回収の弁護士費用体型を、個人間の金銭トラブル(貸したお金の回収)、売掛金・各種代金の回収と滞納家賃・管理費の回収/養育費・婚姻費用の回収/強制執行に整理し、それぞれ着手金を支払う通常型と成功報酬型を設定しました。

ご依頼頂く際は、この点をより詳しく、そしてわかりやすく説明し、お見積りをいたします。そして、ご依頼時には、委任契約書を作成し、弁護士費用を明記します。
弁護士費用は原則として一括払いとなりますが、当事務所がやむを得ない事情があると認める場合、分割払いも対応させて頂きます。
弁護士費用についてのご要望・不明点は、当事務所弁護士に遠慮なくご相談・お尋ねください。

弁護士費用の種類

法律相談料 債権回収の来所による初回相談は30分無料です。
また、15分無料の電話相談もお受け付けしています。
但し、セカンドオピニオンや相談のみを目的とする場合など、有料相談(30分毎5000円(税別))・電話相談対応不可の場合もあります。
<無料相談・電話相談の対象となる方はこちらへ>
着手金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理に着手する際に、事件処理の対価としてお支払い頂く費用です。
報酬金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理を終了した際に、事件処理の成果(示談の成立・判決の取得・債権の回収など)に応じてお支払頂く費用です。
実費予納金 事件のご依頼を頂き、弁護士が事件の処理に着手する際に、事件処理のために必要な実費の概算金額を、当事務所にてお預かりいたします。
実費とは、訴訟のための収入印紙(請求額による)、郵便切手代(通常1万円以内)、各種謄本取寄せ費用、交通費、裁判所に納める予納金、通信費・謄写代等です。
手数料 1回の手続きで終了する法律事務についてお支払い頂く費用です。
例えば、弁護士照会、住民票や戸籍の取寄せ等を行う場合にお支払頂きます。
日当 弁護士が事件処理やその移動のために長時間(2時間以上)の外出を要する場合にお支払頂く費用です。

弁護士費用一覧表

個人間の金銭トラブル、売掛金・各種代金・滞納家賃・管理費
通常型 成功報酬型
交渉 着手 10万円 無料
報酬 16% 回収額の20〜30%
訴訟 着手 10万円〜20万円 お見積り
報酬 16% 回収額の20〜30%

両プラン共通
表記は全て税別です。また、別途実費がかかります。

通常型について
請求額300万円までの債権回収の弁護士費用を記載しています。請求額が300万円以上の場合、お見積りとなります。

成功報酬型について
契約を証する証拠(契約書等)がない、相手が無資力の場合など、当事務所の判断により成功報酬型ではお受けできない場合があります。

養育費・婚姻費用
通常型 成功報酬型
調停 着手 10万円 無料
報酬 10% 16%
審判 着手 5万円〜お見積り 無料
報酬 10% 16%

両プラン共通
表記は全て税別です。また、別途実費がかかります。
調停について、4期日目以降、日当がかかります。
成功報酬型について
相手が無資力など、当事務所の判断により成功報酬型ではお受けできない場合があります。

強制執行
通常型 成功報酬型
強制執行 着手 5万円/申立1件 無料
報酬 16% 回収額の20〜30%

両プラン共通
表記は全て税別です。また、別途実費がかかります。
動産執行の場合など執行に弁護士や司法書士が立ち会う場合、日当がかかります。
成功報酬型について
換価価値のある対象財産がない場合、成功報酬型ではお受けできません。

無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム