各種債権回収

各種債権の強制執行

当事務所が選ばれる3つの理由

依頼しやすい安心価格(成功報酬型あり)

個人の方も、法人・事業者の方も、安心、納得してご依頼頂ける弁護士費用体系(成功報酬型あり)をご提示します。
強制執行のみの定額かつシンプルなプランもご用意しています。

迅速・丁寧な対応で早期解決

ご依頼者様が抱えているトラブルの状況に合わせて、交渉、訴訟、調停や審判、強制執行(財産の差押え・競売)など、迅速かつ最適な回収・解決方法をご提案します。

「相談しやすさ」が大好評

債権回収のご相談は、初回30分無料。土曜法律相談も毎週実施。
名古屋駅徒歩4分(名古屋事務所)、春日井駅徒歩0.5分(春日井事務所)の好アクセス。

無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム

ご依頼者様の声

よくあるご質問 一覧を見る

少額訴訟ではどのような判決が言い渡されますか。
少額訴訟とは、簡易裁判所に、60万円以下の金銭の支払いを求める訴訟・請求訴訟を提起して、紛争を解決する手続きです。 詳しい用語の解説は、用語集:「少額訴訟」「一期日審理の原則」へ【少額訴訟の判決】少額訴訟で言い渡される請 … 続きを見る
続きを見る >
少額訴訟とは何ですか。どのように手続きしますか。
少額訴訟とは、簡易裁判所に、60万円以下の金銭の支払いを求める訴訟・請求訴訟を提起して、紛争を解決する手続きです。詳しい用語の解説は、用語集:「少額訴訟」「一期日審理の原則」へ【少額訴訟の手続】民事上の紛争を管轄する簡易 … 続きを見る
続きを見る >
債権回収のために訴訟・裁判をしたい。郵券は何円切手をいくら分納めればいいですか?
債権回収のために訴訟・裁判をする場合、裁判所から、一定額の郵券・郵便切手を納めるよう請求されます。これは、裁判所が被告等に訴状などの書類を送る際、郵券を使用するためです。具体的に、いくらの郵券・どのような種類の郵券を納め … 続きを見る
続きを見る >
債権回収のために訴訟・裁判をしたい。訴状にいくら分の収入印紙を貼ればいいですか?
債権回収のために訴訟を提起する場合、訴状に、必要な金額の収入印紙を貼りつけなければなりません。いくらかの印紙を貼るかは、回収したい債権の額、つまり、訴訟での請求額によって変わります。具体的には、請求額が10万円までの場合 … 続きを見る
続きを見る >
債権回収のために訴訟・裁判をしたい。裁判に必要な書類は何ですか?
債権回収のために訴訟を提起する場合、裁判所に、訴状を提出する必要があります。訴訟提起するにあたっては、請求額等に応じて訴状に収入印紙を貼りつけるほか、郵券(郵便切手)を裁判所に納める必要があります。また、裁判の当事者(原 … 続きを見る
続きを見る >
債権回収のために訴訟・裁判をしたい。管轄のない裁判所に訴訟提起したら、どうなりますか?
債権回収のために訴訟を提起する場合、管轄のある裁判所へ、訴え提起する必要があります。詳しくは⇒債権回収のために訴訟・裁判をしたい。どこの裁判所に訴訟提起するのですか? 仮に、管轄のない裁判所に訴訟を提起してしまった場合、 … 続きを見る
続きを見る >
債権回収のために訴訟・裁判をしたい。どこの裁判所に訴訟提起するのですか?
債権回収のために訴訟を提起する場合、管轄のある裁判所へ、訴えを提起する必要があります。全国各地にある裁判所の内、どの裁判所に管轄があるかは、事件によって異なります。1つの事件について、管轄を有している裁判所が1つしかない … 続きを見る
続きを見る >
離婚(別居)して、子どもを育てています。養育費の相場、いくら養育費を請求できますか。
養育費算定表を活用し、目安として、いくらくらい養育費を請求できるか、算出することができます。養育費算定表とは、養育費を請求する側の年収、養育費を支払う側の年収、子の人数及び年齢(0歳から14歳・15歳から19歳)から、一 … 続きを見る
続きを見る >
強制執行で、どのような財産を差押さえできるのですか。
強制執行の対象となる財産は、債務者の財産すべてに及びます。ただし、以下の例外があります。例外①:価値のない財産、債権者への配当が見込まれない財産への強制執行(民事執行法63条、129条)価値のない財産、債権者への配当が見 … 続きを見る
続きを見る >
裁判(調停・審判・訴訟上の和解・判決)で決められたにも関わらず、相手が支払いません。どうしたらよいですか。
裁判をして、お金の支払い義務が確定したにも関わらず、債務者がお金を支払わない場合、強制執行によりお金の回収を図ることが考えられます。強制執行では、債務者の意思に関わらず(債務者の意思に反しても)、債務者の財産を差押え、強 … 続きを見る
続きを見る >

コラム 一覧を見る

少額訴訟を提起する―簡単!分かりやすい解説シリーズ④ー

少額訴訟を提起する―簡単!分かりやすい解説シリーズ④ー

債権・お金を回収する手段に、少額訴訟という方法があります。今回は、少額訴訟について、手続きの要件や流れ、判決の特徴などを簡単かつ分かりやすくまとめてみます。◇◆少額訴訟とは少額訴訟とは、請求額が60万円以下の少額な金銭の … 続きを見る
続きを見る >
自動車執行・強制執行で自動車を差し押さえる―簡単!分かりやすい解説シリーズ③ー

自動車執行・強制執行で自動車を差し押さえる―簡単!分かりやすい解説シリーズ③ー

債権回収に、債務者の使用している自動車を強制執行・差押えしたい!という方も多いところです。今回は、自動車の強制執行について、手続きや流れなどを簡単かつ分かりやすくまとめてみます。自動車の強制執行は、「自動車執行」債務者が … 続きを見る
続きを見る >
公正証書と訴え提起前の和解(即決和解)の違いー簡単!分かりやすい解説シリーズ②ー

公正証書と訴え提起前の和解(即決和解)の違いー簡単!分かりやすい解説シリーズ②ー

債権回収問題の解決方法、手段として、公正証書と訴え提起前の和解(即決和解)方法が挙げられます。今回は、公正証書と訴え提起前の和解について、手続きの流れ、違いなどを簡単かつ分かりやすくまとめてみます。公正証書について公正証 … 続きを見る
続きを見る >
保全・仮差押えとはー簡単!分かりやすい解説シリーズ①ー

保全・仮差押えとはー簡単!分かりやすい解説シリーズ①ー

債権・お金を回収率を上げる有効な手段に、財産の保全・仮差押えという方法があります。今回は、財産の保全・仮差押えについて、手続きや流れなどを簡単かつ分かりやすくまとめてみます。財産の保全:仮差押えとは仮差押えとは、債権・お … 続きを見る
続きを見る >
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム

債権回収でお困りの方へ

  • 知り合いにお金を貸したら、お金を返してくれない
  • 離婚した元夫(元妻)が養育費を払わない
  • 家賃を滞納中の賃借人がいる
  • 管理費を滞納しているマンションオーナーがいる
  • 取引先が売買代金、請負代金・工事代金などの売掛金・各種代金を払ってくれない
  • クライアントに請求書を送っても、代金が支払われない、入金がない
  • 弁護士から、内容証明郵便などで請求・通知して欲しい
  • 弁護士に交渉してもらいたい
  • 調停を申立てたい、訴訟を提起したい
  • 相手の車や銀行預金、売掛金などの財産を差押さえたい
  • 相手の財産を競売にかけたい
受け取るべきお金が払われない、相手が払うべきお金を払わない
そんなときは、
弁護士にそのお金の取立て・回収(債権回収)をお任せください。
財産の保全、示談や支払い交渉、調停や訴訟などの裁判手続き、
強制執行(財産の差押え・競売)など、迅速かつ適切にお金の回収を図ります。

弁護士法人中部法律事務所による
債権回収サービスのご紹介

債権回収問題への取り組み

当事務所は、名古屋エリア(愛知・岐阜・三重)の個人、法人・企業・事業者様を中心に、多数の債権回収のご依頼を頂いてまいりました。

▼ お金を貸したのに返してくれない
借金を取り立て、回収
▼ 離婚または別居中の夫(妻)が、婚姻費用や養育費を支払わない
養育費等を取り決め、支払わせる
▼ 賃借人が家賃を滞納している
家賃を回収、明渡し完了
▼ 不動産管理組合、不動産管理会社様が抱える管理費の滞納問題
管理費を回収
▼ 取引先やクライアントが、売買代金、請負代金などの売掛金や各種代金を払ってくれない
各種代金の請求・取立て・回収
▼ 公正証書、勝訴判決、和解調書や調停調書などを取得したにも関わらず、相手が支払いをしない
強制執行(財産の差押)

など、様々なご依頼を受け、お金の回収をして参りました。
多数の回収実績・解決事例を踏まえ、上記のような各種金員の回収問題にお困りの皆様に向けた新サービスを提供させて頂くこととなりました。

さらにわかりやすい料金体系で、安心してご依頼いただけるようになりました

●貸金の回収
●養育費や婚姻費用の回収
●家賃や管理費の回収
●企業・事業者向けの各種代金回収 
多くの法律事務所では、借金、滞納家賃や管理費、各種代金の回収は、いずれも「一般民事」として事件の解決が図られることが多いです。また、養育費や婚姻費用は「離婚問題」の1つとされ、お金の回収という目的が薄れてしまうことも。
当事務所は、過去の経験・実績を踏まえ、わかりやすい料金体系を整え、お金の回収という目的に特化して事件の解決にあたります!

独立のサービスとして強制執行(財産の差押え・競売)もご依頼を受付

●公正証書を作成した、勝訴判決を得た、和解や調停が成立した
本来ならここが事件の解決です。
けれど、これらに基づいた支払いをしない不誠実な債務者がいる場合、やはりここで解決とは納得できないもの。当事務所では、公正証書や判決、調停などの調書作成のご依頼を頂いていなかった方からの、強制執行のみのご依頼も受け付けています。
また、より多くの方に強制執行制度(財産の差押え・競売)をご利用いただけるよう着手金を定額・低額化し、回収に成功した場合の成功報酬を中心とした弁護士費用体系にしています。

債権回収のご相談は初回30分無料!電話の無料相談(15分)も受付

お金の回収問題にお困りの皆様に向けたサービスとして、初回30分の法律相談料を無料としました。電話でのご相談も15分無料で受け付けします。
お金を回収し支払いを受けるための方法や事件の見通しなど、無料でご相談頂けます。是非ご活用ください。

その他事務所サービスの概要

●毎週土曜も法律相談を実施(※名古屋事務所のみ)。
●平日夜、営業時間外の法律相談も対応(※名古屋事務所のみ)。
●法律相談は、名古屋駅前徒歩4分の名古屋事務所、または、JR春日井駅徒歩0.5分の春日井事務所の2カ所で実施。
●在籍弁護士5名(男性弁護士3名、女性弁護士2名)、司法書士1名