債権回収の解決事例

知人に数回にわたってお金を貸し、合計100万円以上になったが、催促しても「返す」と言うだけで返してもらえず、相手の住所もわからない
弁護士会照会により住所を調査し、内容証明で返済を請求。示談交渉の結果分割払いの合意ができ、即決和解で和解調書を作成して回収に成功

ご依頼前の状況

名古屋市東区のI様は、知り合いに頼まれたため、個人的にお金を貸していました。 1度の貸し付け額が数万円など、少額であったことや、知人同士の貸し借りだからと思い、消費貸借契約書や借用書を作らないままでした。 I様の知人への貸し付けは少しずつ増えていき、いつしか合計額が100万円を超えるようになりました。 このころから、知人に対して少しずつでもお金を返すよう促し、相手も「返す」と、電話やメールで返事していました。ただ、返事のみで実際に返すことはほとんどなく、次第に、I様を避け、電話に出ず、メールも返さないという対応を取るようになりました。 そのため、当事務所に個人的に貸したお金の回収・取り立てのご相談にいらっしゃいました。

当事務所弁護士の解決方法

I様は、お金を借りた相手の携帯電話番号と氏名は知っていましたが、正確な住所を知りませんでした。 そこで、弁護士照会手続きにより相手の住所を調査しました。 その後、相手方に内容証明郵便にて、借金の返済を請求・督促しました。 すると、相手方も代理人弁護士を選任し、お金を借りたこと自体を否定しました。 その上、I様の相手への借金の返済の請求は、違法であり、損害賠償請求を予定しているなどと回答してきました。 相手方代理人弁護士のこのような姿勢を受け、当事務所弁護士は、相手方に対し、I様から相手方へのお金の振り込みの記録やメールのやりとりなどから、相手が借金した事実を明らかにしました。 結局、相手方はお金を借りたことを認めるに至りました。 その後、示談交渉を重ね、事件解決の方法や返済額、返済の方法など、和解が成立しました。 借金の返済が分割払いであるため、相手方のこれまでの不誠実な対応を加味して、弁護士作成による和解契約書だけでなく、名古屋簡易裁判所にて即決和解(訴え提起前の和解)を申し立て、和解調書を作成しました。 その後、和解調書に従った弁済がなされたため強制執行をする機会はなく、無事、貸したお金内ほとんどを回収することに成功しました。

ご利用にあたっての注意事項

● 2016年08月01日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。