用語集

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。

通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分されています。 すなわち、当事者が事実の主張を行い(弁論)、主張を整理して、争点について証拠調べをするという審理の流れになります。

これに対し、一体型審理は、この弁論と証拠調べ(当事者本人尋問)を明確に区分せず、裁判所が当事者から紛争の実情を聴きながら、主張事実とその証拠資料を適宜拾い出す、といった形で、弁論と証拠調べが同時並行で進められる審理方式です。

少額訴訟では、一期日審理の原則(初回の口頭弁論で審理を終えるという原則)が採用されているところ、効率よく審理して、一度の裁判期日で審理を終えるために、このような審理方式が採用されるケースが多いです。

詳しい用語の解説は、用語集:「少額訴訟」「一期日審理の原則」へ

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム