債権回収の解決事例

請負契約に関連し、発注元企業の債務約200万円を立替払いしたが、支払を拒否された
交渉決裂したため、訴訟を提起。債務を全面的に認める内容の訴訟上の和解が成立し、全額回収に成功

ご依頼前の状況

愛知県に本社を置く株式会社S様は、地元のT社(飲食店運営会社)から、飲食店を開店するため、関連工事を発注しました。S社は、上記工事の請負契約に基づいて、工事を完了させました。 また、S社は、工事に関連して発生したT社の債務について、T社の同意を得て、立て替えて支払いました。しかし、T社は、S社に対し、S社が立て替えた費用約200万円の支払いを拒否してきました。 そのため、S社は、当事務所にご相談・ご依頼くださいました。

当事務所弁護士の解決方法

本件の解決にあたっては、S社のご要望を踏まえ、まずは弁護士による示談交渉を行いました。 しかし、T社が応じなかったため、やむを得ず訴訟を提起することになりました。 訴訟においては、当事務所弁護士がS社の訴訟代理人として裁判に出廷するほか、発生した債務がT社の債務であること、これをS社が支払ったことなどを主張、証拠を積み上げました。 その結果、裁判所はS社の主張を認め、S社の主張に沿った和解に応じるようT社に勧告しました。 T社が、裁判所の勧告に応じたため、訴訟上の和解が成立し、S社は立替金全額について、回収することに成功しました。

ご利用にあたっての注意事項

● 2018年12月04日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。