用語集

内容証明郵便(ないようしょうめいゆうびん)

内容証明郵便(ないようしょうめいゆうびん)とは、日本郵便株式会社の行っている郵便サービスの1つです。


一定の費用を支払って、このサービスを利用して郵便物を送付すると、いつ、誰から誰宛てに、どのような内容の文書が差し出されたかを、日本郵便株式会社が謄本によって証明してくれます。

弁護士の多くは、いつ、誰宛に、どのような内容の文書を送ったのか、確実に証明できるようにしておきたい場合に、この内容証明郵便を利用します。
確実に証明できるようにしておきたい場合とは、つまり、後日の裁判でそれらを証明したい、内容証明郵便を証拠として提出したい場合であることが一般的です。
いつ、誰が、誰に、どのような内容の文書(文章)を送ったかは、FAXやメールでも証明できる場合があります。
ただし、証明の程度、証拠としての確実性、証明力は、内容証明郵便の方が高いと考えられています。
また、FAXやメールの場合、相手から返信等の反応がないと、相手がそれらを受信したかどうかは分からず、受信については証明できません。この点、内容証明郵便の場合、相手から何の反応がなくとも、配達証明といって、相手に配達され場合は、相手がその郵便を受け取ったことまで証明できるというメリットもあります。

 

【参考情報】
内容証明郵便の料金、サービスの内容はこちら(日本郵便株式会社のHP

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム