用語集

示談(じだん)

示談とは、トラブルや紛争が生じた場合に、その解決方法を話し合い、交渉すること、また、それによってトラブルや紛争を解決することを言います。

 

「示談」を定めた一般的な法律はありません。民法695条が「和解」について定めており、この和解と示談は、基本的には同義です。ただし、和解は、当事者双方の互譲(紛争当事者のお互いが譲り合うこと)が要件とされていますが、示談は必ずしも互譲が必要ない(当事者の一方が全面的に譲るなど)など多少の違いはあります。

債権回収問題でも、多くのケースで示談交渉がなされ、示談が成立しています。支払金額や支払い時期、支払い方法などについて改めて示談交渉し、合意が成立した場合、示談書・合意書などを作成します。
合意に従った支払いを確保するために、期限の利益喪失条項(合意通り支払いがない場合に、分割払いを認めず一括請求するなど)を定めるほか、約定の遅延損害金を付したりします。さらに、履行を確実なものとするために、示談書や合意書を公正証書で作成する場合もあります。

 

【参考条文】
○民法695条
和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム