用語集

公正証書(こうせいしょうしょ)

公正証書(こうせいしょうしょ)とは、公証人が作成する公文書をいいます。


公証人は、元裁判官、元検察官や元弁護士などから法務大臣によって任命されますので、法的知識を有しています。
公正証書は、公証役場で作成できます。
公正証書で遺言を作成したり、離婚に関する養育費、慰謝料や財産分与などの取り決めを公正証書にしたり、各種の契約を公正証書にするなど、様々利用されています。
一定の金銭の支払い等を内容とする契約を公正証書にする場合、債務者が支払いを怠ればすぐに強制執行に服しますという内容(「強制執行認諾文言」と呼ばれています)を付記しておくと、民事裁判などの手続を経なくても、公正証書に基づいて強制執行することができるというメリットがあります。

公正証書の作り方については、こちら:よくある質問「公正証書とは何ですか。どのように手続きしますか。」
また、コラム「公正証書と訴え提起前の和解(即決和解)の違い―簡単!分かりやすい解説シリーズ―」もご参照ください。

 

【参考条文】
○民事執行法22条
強制執行は、次に掲げるもの(以下「債務名義」という。)により行う。
5 金銭の一定の額の支払又はその他の代替物若しくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求について公証人が作成した公正証書で、債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述が記載されているもの(以下「執行証書」という。)

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム