債権回収のよくあるご質問

供託とは何ですか。どのように手続きしますか

供託とは、一定の供託原因がある場合に、金銭や有価証券等を供託所に預けることで、一定の法律上の目的を達成する制度です。
詳しい用語の解説は、用語集:「供託」へ

【供託の手続き】

管轄の供託所に、供託書に必要書類を添付の上、供託を申請し、供託物を納めます。
供託書は、所定の用紙を利用する必要がありますが、供託所に用紙があるほか、法務局のHPからダウンロードすることもできます。
金銭又は振替国債の供託手続きは、オンラインで申請することができます(供託金の払い渡し請求も同様です)。
供託物の納入について、金銭を供託する場合、供託所の窓口に現金を納付する方法のほか、電子納付することもできます。
※詳細は、法務局HPよりご確認ください。

【当事務所対応エリア(愛知・岐阜・三重)で、供託事務を取り扱っている法務局】

●愛知県

名古屋法務局(本局・春日井支局・津島支局・一宮支局・半田支局・岡崎支局・刈谷市局・豊田支局・西尾支局・豊橋支局・新城支局)

●岐阜県

岐阜地方法務局(本局・八幡支局・大垣支局・美濃加茂支局・多治見支局・中津川支局・高山支局)

●三重県

津地方法務局(本局・四日市支局・伊賀支局・松阪支局・桑名支局・伊勢支局・熊野支局)

関連記事

強制執行にはどのような種類がありますか。

強制執行には、金銭の支払いを目的とする金銭執行と、土地の明け渡しなど金銭以外の債権の実現を目的とするものがあります。 金銭執行の主なものは、債務者の有する債権や動産、不動産に対する強制執行があります。 1.強制執行の種類 … 続きを見る

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するもの(裁判上の和解や調停等)によって確定した権利の時効はどのようになりますか。

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利は、10年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は10年となります(民法169条1項)。 例えば、債権の発生から4年後に確定判決を取得した … 続きを見る

弁護士による債権回収に
お任せください。

名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中