債権回収のよくあるご質問

債権回収のために訴訟・裁判をしたい。管轄のない裁判所に訴訟提起したら、どうなりますか?

債権回収のために訴訟を提起する場合、管轄のある裁判所へ、訴え提起する必要があります。

詳しくは⇒債権回収のために訴訟・裁判をしたい。どこの裁判所に訴訟提起するのですか?

仮に、管轄のない裁判所に訴訟を提起してしまった場合、

  1. 管轄のある裁判所へ、事件が移されるか、
  2. 被告が当該裁判所で応訴することにより応訴管轄が生じて、当該裁判所で事件が審理される

ことになります。

①事件が管轄のある裁判所へ移送されるケース

裁判所は、ある事件について、その裁判所に管轄があるかないかを調べる権限を有しています。

裁判所が、職権で管轄があるかを調べて、管轄がないと判断した場合、裁判所の権限により、管轄のある裁判所に事件を移すことができます(民事訴訟法14条、16条)。

また、被告から、管轄がない旨の反論が出され、被告から移送の申立てがなされ、管轄のある裁判所に事件が移されることもあります(同法16条)。

②そのまま当該裁判所で審理されるケース

被告が、管轄がない旨の反論(管轄違いの抗弁)をしないまま、事件の内容について反論等(本案に対する弁論・弁論準備手続きにおける申述)を行った場合、応訴管轄が生じます(同法12条)。

この場合、被告が管轄のない裁判所での裁判手続きに応じることで、管轄が生じ、そのままその裁判所で事件が審理されます。

関連記事

強制執行にはどのような種類がありますか。

強制執行には、金銭の支払いを目的とする金銭執行と、土地の明け渡しなど金銭以外の債権の実現を目的とするものがあります。 金銭執行の主なものは、債務者の有する債権や動産、不動産に対する強制執行があります。 1.強制執行の種類 … 続きを見る

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するもの(裁判上の和解や調停等)によって確定した権利の時効はどのようになりますか。

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利は、10年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は10年となります(民法169条1項)。 例えば、債権の発生から4年後に確定判決を取得した … 続きを見る

弁護士による債権回収に
お任せください。

名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中