債権回収のよくあるご質問

債権回収のために訴訟・裁判をしたい。訴状にいくら分の収入印紙を貼ればいいですか?

債権回収のために訴訟を提起する場合、訴状に、必要な金額の収入印紙を貼りつけなければなりません。

いくらかの印紙を貼るかは、回収したい債権の額、つまり、訴訟での請求額によって変わります

具体的には、請求額が10万円までの場合は1000円の印紙を貼ります。

以降、請求額が100万円までは10万円ごとに1000円ずつ印紙代が増額し、100万円から500万円までは20万円ごとに1000円ずつ増額します。

500万円から1000万円までは50万円ごとに2000円ずつ増額します。

1000万円を超える場合、100万円ごとに3000円ずつ増額します。

 

訴状に貼る印紙の金額は、こちらの当事務所サイト:印紙計算機で計算することができます。

【参考】

(単位:円)

請求額収入印紙額 
100万まで10,000
200万まで15,000
300万まで20,000 
400万まで25,000
500万まで30,000 
600万まで34,000
1000万まで50,000
1500万まで65,000
3000万まで 110,000

関連記事

強制執行にはどのような種類がありますか。

強制執行には、金銭の支払いを目的とする金銭執行と、土地の明け渡しなど金銭以外の債権の実現を目的とするものがあります。 金銭執行の主なものは、債務者の有する債権や動産、不動産に対する強制執行があります。 1.強制執行の種類 … 続きを見る

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するもの(裁判上の和解や調停等)によって確定した権利の時効はどのようになりますか。

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利は、10年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は10年となります(民法169条1項)。 例えば、債権の発生から4年後に確定判決を取得した … 続きを見る

弁護士による債権回収に
お任せください。

名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中