用語集

差押え(さしおさえ)

差押えとは、債権者の債権・権利実現のために、国家権力によって、債務者の一定の財産の処分を禁止することをいいます。


処分を禁止するとは、売却、贈与、費消、損壊など、差押えを受けた財産を失わせる行為をいいます。債務者の債権を差押さえる場合には、当該債権の債務者(第三債務者)の支払い・弁済も禁止されます(例:給料を差押さえると、会社から当該従業員への給料の支払いが禁止されます)。
差押えについては、民事執行法に基本的な定めがあります。
具体的な差押え方法は、差押えを受ける財産の種類等によって異なります。例えば、不動産執行では差押えの登記、動産執行では執行官が動産を占有する方法、債権執行では、差押命令を債務者及び第三債務者に送達する方法で行われます。

債権・お金の回収にあたり、自ら債務・お金を支払わない債務者に対しては、このように財産を差押さえて債務者が財産を処分できないようにし、それを売却するなどして、お金を回収することができます。このような手続きは、強制執行と呼ばれています。
⇒詳しくはこちら:強制執行のご案内ページ、用語集「強制執行
ただし、債務者や債務者に扶養されている家族などの最低限の生活や基本的人権を守るために、差押えが禁止されている財産もあります。このような財産は、差押禁止財産と呼ばれています。
⇒詳しくはこちら:基礎知識「差し押さえできない財産とは?差押禁止財産」

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム