用語集

供託(きょうたく)

供託とは、一定の供託原因がある場合に、金銭や有価証券等を供託所に預けることで、一定の法律上の目的を達成する制度です。


供託は、一定の供託原因がある場合、つまり、法令の規定によって供託が義務付けられている場合か、供託を許容されている場合にのみ、行うことができます。
供託所は、国家機関であり、各地の法務局の中にあります。

供託が義務付けられる場合の例として、債権回収の場合では、財産の保全、仮差押えを行う場合に、裁判所から担保金を立てる命じられることがあります(裁判上の保証供託)。この命令を供託原因として命じられた額の金銭を供託所に預けることで、担保を立てたことになります(詳しくは、コラム「「財産の保全・仮差押え」とはー簡単!分かりやすい解説シリーズ」を参照ください)。
なお、供託すべき供託所は、担保を命じた裁判所を管轄する供託所になります。

供託を許容されている場合の例として、債権者が弁済の受領を拒否した場合(受領拒絶)や、債権者が行方不明等で弁済できない場合(受領不能)、債権者間で争いがあり誰に弁済してよいか分からない場合(債権者不確知)などの場合、供託することができます。

供託の手続きについては、こちら:よくある質問「供託とは何ですか。どのように手続きしますか。」

関連記事

婚姻費用(こんいんひよう)

婚姻費用とは、夫婦やその未成熟の子どもが生活するための婚姻から生ずる費用、衣食住にかかる費用や教育費などのいわるゆ生活費をいいます。   夫婦には、同居協力義務があり(民法752条)、この義務に対応して、夫婦は … 続きを見る

養育費(よういくひ)

養育費とは、直系血族の扶養義務に基づいて、親などの扶養義務者が、衣食住にかかる生活費や教育費など、子を監護・養育するのに必要な費用をいいます。   父母が離婚する場合、養育費をどのように分担するか、決めなければ … 続きを見る

一体型審理(いったいがたしんり)

一体型審理とは、少額訴訟の審理で多く実施されている訴訟・裁判における審理の仕方の1つで、弁論と証拠調べを一体化した審理方法をいいます。通常の民事訴訟では、弁論(当事者の主張・反論)と証拠調べ(立証活動)は、明確に区分され … 続きを見る
無料相談・電話相談の対象となる方はこちら 無料相談申込フォーム