債権回収のよくあるご質問

事件の解決までに、相手が財産を処分してしまうかもしれません。止める方法はありますか。

事件解決まで、財産が処分されないようにする、処分を止める方法として、財産の保全、仮差押えがあります。

債権・お金の回収のために裁判をしたとしても、その間に債務者が主要な財産を処分し、無資力になってしまうと、裁判で勝訴しても、実際には債権・お金を回収できず、真の事件解決は図れません。
仮差押えは、このような事態を防ぐために、事件が解決するまでの間、相手方の財産を仮に差押さえる裁判手続です。
仮差押えすると、当該紛争が解決するまで、債務者は、仮差押えを受けた財産を処分することができなくなります。具体的には、債務者が財産を使ってしまったり、売却、贈与、破壊、廃棄などしないようにできます。

仮差押えは、債権者が債権を有していること(被保全権利)、仮差押えする必要があること(保全の必要性)を疎明し、裁判所の仮差押命令をもって行われます。この際、債権者に対し、一定の担保金・保証金を供託するよう命じられるのが一般的です。※供託した担保金・保証金は、事件解決後に払戻しできます。
⇒詳しくは、こちら:コラム「保全・仮差押えとは-簡単!分かりやすい解説シリーズ-」へ

仮差押えの後、一定の手続きを経て、仮差押えした財産から債権・お金の回収をすることができます。
一定の手続きとは、民事裁判を提起して勝訴判決を得る、債務者と示談・和解(裁判上の和解を含む)するなどです。

関連記事

弁護士による債権回収に
お任せください。

名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中